胡蝶蘭アマビリスの価格相場や花言葉|通販サイトで買うには?

胡蝶蘭

大輪胡蝶蘭はかつて野生のアマビリスの花の大きいものを交配させ、じょじょに大きくなってきました。

 

そんな「始まりの胡蝶蘭」ことアマビリスは小さくて可愛げのある見た目が特徴で、ミディ胡蝶蘭として最近では親しまれています。

 

 

ミディ胡蝶蘭とは15輪〜30輪の胡蝶蘭でちょっとしたプレゼントによく利用されています。

 

胡蝶蘭といえば、ビジネスでよく用いられているイメージですが、ミディ胡蝶蘭は個人的な行事で活躍します。

 

そんなミディ胡蝶蘭の中でもアマビリスはとても人気のある胡蝶蘭となっています。

 

>>胡蝶蘭の通販サイトはこちら



アマビリスの価格相場

 

アマビリスは以下のような価格で販売されています。

 

1本立ちが「7020円」、5本立ちで鉢にこだわったものだと「21600円」になっています。

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 1本立ち 凛 白鉢

 

 

¥7,020税込

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 3本立ち

 

 

¥10,800税込

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 2本立ち 4号 カラークラックMatWhite 付き

 

 

¥12,150税込

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 5本立ち

 

 

¥16,200税込

 

ミディ胡蝶蘭 アマビリス 5本立ち 和鉢まどか(敷物付き)

 

 

¥21,600税込

 

こちらのアマビリスは通販サイト「ひとはな」で販売中です。

 

>>公式サイトはこちら



 

アマビリスについて

 

アマビリスは小ぶりで華やかな雰囲気が特徴です。

 

そのためお部屋のインテリアとしても活躍します。

 

玄関や台所のテーブルに置いてもスペースを取らないのが一番のポイントですね。

 

毎日、目にするので愛着が湧いてきますし、コースターの上に置いたりするとお部屋のインテリアによく馴染みます。

 

アマビリスは花の大きさが5cm程度で、さりげない中にも高級感を感じられます。

 

アマビリスの花言葉や由来

 

アマビリスは「ファレノプシス・アマビリス」が正式名称です。

 

インドネシアの国花にも指定され、「幸せが飛んでくる」が花言葉。

 

ギリシャ語では「ファライノ」「オプシス」の2語を組み合わせて「蛾のような」という由来があります。

 

日本では「蝶」に例えられることが多いですが、海外では表現が異なりますね。

 

今では大輪の胡蝶蘭の交配親としても知られており、いろんなシーンで大切にされています。

 

アマビリスを通販サイトで買うには?

 

アマビリスは店頭で販売されていることもあります。

 

しかし、新鮮さがあまりないものが多く、送ったらすぐにダメになってしまったというのは相手に失礼ですよね。

 

そんな時に便利なのは通販サイトです。

 

通販を利用すると、生産者から直送で胡蝶蘭を送ることができ、仲介料金がかかりません。

 

 

そのため比較的安く購入することができます。

 

手作業でラッピングや出荷作業を行ってくれて、出荷前には写真を送ってくれるサービスも。

 


 

通販だからことのきめ細やかなサービスが特徴です。

 

このアマビリスを管理、販売しているのは「幸福の胡蝶蘭屋さん」という通販サイトです。

 

 

気になる人は公式サイトをチェックしてみてください。

 

>>公式サイトはこちら



 

まとめ

 

アマビリスは今の胡蝶蘭の元祖ともいえる存在です。

 

花が小ぶりなので、さりげない華やかさが見る人を和ませてくれますね。

 

個人のプレゼントにピッタリなサイズ感も特徴的です。

 

以上、「胡蝶蘭アマビリスの価格相場や花言葉|通販サイトで買うには?」でした。

コメント